雄琴ソープにも増えている女性スタッフの存在

昨今、ソープランドでも増えてきているのが、女性スタッフの存在。
キャストとしての女性ではなく、男性スタッフと同じくお店の雑用をこなす存在としての女性は、昔ではあまり考えられない存在でした。
雄琴のソープランドでも女性スタッフがいる店が増えていて、他の男性スタッフと同じようにお客さんを迎えてくれます。

◆ 雄琴ソープに女性スタッフが増えた理由

女性スタッフは、元々はソープランドでキャストとして働いていた女性が、キャストを引退して普通のスタッフとして働くケースが多いです。
雄琴のソープランドもその流れで女性スタッフが誕生しているようで、その流れが出来たのは、女性スタッフを雇うことならではのメリットがあるからです。

女性スタッフが増えた理由ですが、これにはいくつかの理由があります。
その代表的なものですが、「女性の労働環境が考慮されるようになった」ということでしょう。
ソープランドでキャストとして働く女性は、様々な悩みを抱えています。
それは仕事の悩みだったりもあるわけですが、中には男性には話しづらい悩みもあります。
そんな時に相談したくてもスタッフは男性ばかりとなると、それを相談出来ずに抱え続けることになります。

元キャストの女性スタッフがいれば、そういった悩みを聞いてあげられますし、お店に伝えてより働きやすい環境を作ることが出来ます。
そして、女性に働きやすい環境を作ることで人材が確保しやすくなり、より良質のキャストが働いてくれるというわけです。

◆ 女性スタッフがいるお店はハズレが少ない?

キャストの悩みに共感し、その不満をお店に伝えられる女性スタッフは、ソープランドにおいてかなり重要な存在です。
一説には「女性スタッフがいるお店はハズレが少ない」という噂があって、ネットの掲示板などを見ているとあながち眉唾とは言い切れないようです。

その方向で考えるのであれば、「雄琴ソープでハズレを引きたくなければ、女性スタッフのいる店を狙え」と言うことになります。
実際、雄琴でも人気店となっているお店には女性スタッフがいますし、そういったお店はやっぱり評判は良いです。
キャストで当たり外れを見極めるには一度は入ってみなくてはいけませんが、女性スタッフの有無はそれよりは簡単に確認出来ますから、一つの判断方法としては良いのではないでしょうか。

女性スタッフは、「そういう人もいる」ということを前もって認識しておかないと、ちょっと戸惑うかもしれません。
お客さんからすれば、「男性スタッフじゃないと好みとか伝えづらい」という方もいますから、必ずしも女性スタッフが良いというものでもありません。
何にせよ、女性スタッフがいることにメリットもありますから、店選びに失敗したくない方はぜひ女性スタッフの存在にも目を向けてみましょう。

PROFILE

おっさん自画像

著者:苗鹿 J太郎
風俗歴はかれこれ数十年になろうかとしているただのハゲたおっさんです。中でもソープが大好きで、主に雄琴・福原界隈、たまに吉原や川崎に遠征しています。かの有名な熊本のブルーシャトーの会員になるのが夢です。

BOOKMARK

  • 東京デリヘル体験ブログ
  • 風俗嬢の正直しんどい
  • 吉原ソープを中心とした風俗体験日記
  • 世界の風俗 アジアの置屋好きおっさんの夜遊び情報サイト
  • ゆとり世代の関西風俗ブログ
  • 地味リーマンの風俗狂い日記